2019年度健常者血清採取が終了しました


健常者血清659検体(3281本)
を新たに保管しました。

横浜市大バイオバンクでは、2014年度より主に病院職員を対象に行われる検診残余血清を、職員の同意のもと健常者血清として採取・保管し、利用希望のある研究者へ提供を行っています。

健常者血清は極めて貴重であり、研究者からの要望も多く、今後も継続していこうと考えています。

ご協力いただいた本学職員のみなさまには、あらためてお礼申し上げます。ありがとうございました。

ご利用を希望の方はCONTACTページよりご連絡ださい。

 

▶  記事一覧を見る